交通事故にあった時は

交通事故は起こそうと思って起こすものではなく、起ってしまう事です。
よそ見や居眠りなど交通事故の理由は様々ですが、いずれも、事故を起こすつもりもなく起きてしまう事なのですが、もし交通事故にあった場合には、どんなことが必要なのか把握しておくことが必要です。

交通事故にあった、という場合で、自分が怪我をしていないけれど、加害者がけがをしているという場合、怪我人の救助がまず先です。
怪我をしている人を安全な場所に移動して、救急車を呼びます。
もし車が動かせる状況にあれば、車を移動させ後続の事故が起きないように配慮する事も必要です。
警察に連絡し事故の場所を告げてきてもらう事も大切ですし、保険会社の方に連絡を取る事も必要です。

事故にあった、という事だけでもショックな出来事なのですが、交通事故にあった場合、怪我などがひどくなければ、どういった状況で起こったのか、しっかり把握しておくことが必要です。
もし、事故の後、救護の際に手伝ってくれる人などがいたら、交通事故を見ていたかどうか確認し、相手が了承してくれるなら連絡先を聞いておくといいでしょう。

交通事故がどのように起こったのか、加害者と意見が相違する場合、目撃者の意見が重要となる可能性もあります。
怪我人の保護、状況の把握、関係機関への連絡など、交通事故にあった場合には、やる事がたくさんありますが、落ち着いて行動しましょう。
当サイトは交通事故にあった場合、何をすべきなのか理解していただくためのサイトです。
いざという時にこのサイトが役立つことを願っております。



≪注目サイト≫
豊富な解決事例を持つ弁護士に交通事故の慰謝料について相談できる法律事務所のサイトです > 交通事故の慰謝料

Copyright © 2014 交通事故にあってしまったら All Rights Reserved.